ヘッドフォンのスポンジを台所用スポンジで代用!18円で良い音に♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
ヘッドフォンスポンジ画像3

ボロボロになったヘッドフォンの耳あて(スポンジ)を台所用スポンジに交換してみたら、交換前より耳当たりが良くなって、さらに音もキレイに聞こえるようになりました。同じような形のヘッドフォンでスポンジのへたりに困っている人は、試してみる価値アリです!

スポンサーリンク

26年もののヘッドフォンのスポンジがボロボロになったので、ダメモトでスポンジを交換してみる

26年前、高校の入学祝いとして両親に買ってもらうことにした『CDダブルラジカセ』。そのラジカセにおまけでついていたのが、今回スポンジを交換することにしたヘッドフォン『FAIR MATE SD-3900CD』です。

もともとあまり使っていなかったのですが、ここ数年また引っ張り出してきて時々使うように・・・。耳に当てる部分のスポンジがへたっていたのは前から分かっていたのですが、長時間使うわけでもないのであまり気にしていませんでした。

ところが少し前からスポンジがボロボロと崩れだして、少し触るだけでスポンジのカスが周囲に落ちるようになってきたので、スポンジを新しくすることにしました。

しかし、探しても純正の交換用スポンジは販売されていませんし、同じような形のヘッドフォン用交換スポンジすら見あたりません。

そこで、似たような見た目の台所用スポンジを代用品として使用してみることにしました。

今回使用したのは、100円ショップで販売されているネットクリーナーという台所用スポンジです。ホームセンターやスーパーなどでも売られている、1袋に5~6個入った『ネット入りスポンジ』です。(1個のサイズ:約15(縦)×8(横)×2(厚み)cm)

台所用スポンジ画像

ネットから取り出したスポンジを適当なサイズに切って詰め替えるだけ!

まずはボロボロになった古いスポンジを取り出します。そして、耳あて部分と同じような大きさにスポンジを切り、真ん中をくり抜いていくのですが、スポンジを取り出したりカットしたりしているとどうしても小さなスポンジカスが周囲に散らばりやすくなるので、あらかじめ下に新聞紙などを敷いておいた方が後片付けがラクになります。

ヘッドフォンスポンジ交換画像1

【用意するもの】

  • 台所用スポンジ
  • 型取り用厚紙(お菓子やティッシュペーパーの空き箱などでOK)
  • カッターナイフ(細い方が切りやすい。刃も新しいほうが切りやすい。)
  • はさみ(布用の裁ちばさみが一番切りやすい)
  • 待ち針(型とスポンジを留めておくために使用。なくても可)

ヘッドフォンスポンジ交換画像4

まず、耳あて部分の丸型をざっくりと厚紙で型取りし、カッターナイフとはさみを駆使してスポンジを切り取ます。

このとき、一度に切ろうとせずに、何度も刃を滑らせるようにして少しずつ切っていきます。カッターナイフやはさみはゆっくりと静かに、引くときに切るようなイメージで刃を動かしていくと、まっすぐに切れやすいです。

なお、私のヘッドフォンではそのままだとスポンジの厚みが厚すぎたので、スポンジをほぼ半分の厚み(1cmぐらい → 長時間使用していると少し耳が痛くなってくることが分かったので、後で7mmに変更)にスライスしました。このときは、包丁を使いました。

スライスする場合は、カットしたい厚みと同じサイズの本などをスポンジの両サイドにかましておくと、それに沿ってぶれることなく刃を動かしやすくなるのでおススメです。このときも、刃を引くときに少しずつ切っていくような気持ちで刃を進めていきます。

スポンジを押さえすぎないように気をつけることと、切る場所に近い場所のスポンジを手で保持しておくことで、比較的きれいにスライスすることが可能です。

今回は試作品感覚でざっくり適当にカットしたスポンジの画像をアップしたので、ずいぶん雑な仕上がりになっていますが、よく切れる道具を使用して丁寧にカットしていけば、もっとキレイに仕上がると思います。
※手を切らないようくれぐれも注意してください。

ヘッドフォンスポンジ交換画像5

ヘッドフォンのカバー?を外します。(耳に当たる方が下になるように置いています)

ヘッドフォンスポンジ交換画像6

切った台所用スポンジをヘッドフォンカバーに詰めていきます。

ヘッドフォンスポンジ交換画像7

カバーをつけなおして完成です。

密閉性が向上して音が良く聞こえるように。「ていうか、このヘッドフォンこんなに音良かったっけ?!」わずか18円で驚きの効果!

「耳あたりがよくなったらいいな。でもやっぱり聞こえは悪くなっちゃうのかな?」

と最初はちょっと台所用スポンジを使うことに不安があったのですが、そうは言っても108円で買えるスポンジ。使うのは1つだけなので、実質交換にかかる費用はたったの18円です。

そしてダメモト感覚なので、作業もいたってざっくりアバウトに。

それなのに、いざ作業を完了して試聴してみると・・・


「な、何
これ・・・!最近買った『評判高めのイヤホン』より断然音がイイ!!」


「いままでと聞こえてくる音が全然違う!」

大きな音で聞いているわけではないのですが、頭全体から胸の辺りまで音が伸びてきて、身体が共振している感じがします。

ちなみに、試聴したのは大好きなPentatonixの『Daft Punk』です。
(YouTubeの公式動画)

本当に、Pentatonixの歌声はすごいと思います。特にこの『Daft Punk』は、何度聞いても圧巻鳥肌モノです!脳みそがシビレます!

26年前にラジカセのおまけでついてきた廉価版ヘッドフォンは、これからもまだまだ活用できそうです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク