Windows 10 の無償アップグレードは30日18時59分まで可能だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
windows10イメージ画像
スポンサーリンク

無償アップグレード期限の2016年7月29日23時59分はハワイ標準時(UTC-10)表記だったことが判明

多くのサイトで『Windows 10 無償アップグレードは7月29日23時59分まで』と書かれていたので、その日時を目安にアップグレードをした人も多いのではないでしょうか?

かくいう私も、昨日になって「やっぱりアップグレードするだけしておこう」と慌てて作業していたクチです。

そして今朝になり、「本当にもうアップグレードはできなくなっているのか?」とマイクロソフトの『Windows 10 を入手する』のサイトを開いてみると、普通に昨日と同じ画面が出てきました。

そして、【今すぐアップグレード】のボタンも 【ツールを今すぐダウンロード】のボタンもクリックするときちんと機能していました。

ところが、サイトをよく読んでみるとやはり『このキャンペーン(無償アップグレード)は 2016 年 7 月 29 日に終了します。』と下のほうに小さく注意書きが書いてありました。

googleで検索してみると、2016年7月29日23時59分というのはハワイ標準時(UTC-10)による表記だったらしく、日本に住む私たちは、【2016年7月30日18時59分までにアップグレード作業をして、Windows 10 の『ようこそ』の画面までいけていればOK】というのが、事の真相でした。

アップグレードはメディア作成ツールのISOファイルから行う方が断然早くて確実

もし「あと数時間しかないけどアップグレードしてみようかな?」と試してみる気になった方がいたとしたら、私は断然メディア作成ツールを利用したISOファイルからのアップグレードをおススメします。

というのも、昨日マイクロソフトの『Windows 10 を入手する』の『今すぐアップグレード』からアップグレードしようとして、最後の1~2%のところからなかなか進まずに、結局何時間も無駄にしたからです。ネットで調べると同じような方がたくさんいて、しかも最終的にアップグレードに失敗したという書き込みも少なからずありました。

私の場合、『今すぐアップグレード』で5時間以上かけて98%~99%のところまで進むものの、そこから進まないので中断。という作業を2回繰り返した後、DVDを使用してインストール メディアを作成し、そのメディアからアップグレードを完了しました。

DVDを使用したアップグレードなら、20分ほどで終了しました。

『Windows 10 を入手する』のツールを今すぐダウンロード

スポンサーリンク
スポンサーリンク