クッション【Yogibo(ヨギボー)】の気になる種類と口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Yobibo公式サイトより(ヨギボー使用イメージ)
https://yogibo.jp/

「人をダメにするクッション」「快適で動けなくなる魔法のソファー」などのふれこみで最近話題の【Yogibo(ヨギボー)】。

気になったので公式サイトを覗いてみると、定番のクッションタイプや一人用ソファタイプ、ソファーやベッドにもなりそうな大型のタイプ以外にも、動物を模した小型のネックピロータイプやぬいぐるみハンドレスト等々…… たくさんの魅力的な商品がラインナップされていることが分かりました。

究極の癒やし効果が期待できそう!【Hagibo(ハギボー)】

なかでもひときわ目を引いたのが、【Hugibo(ハギボー)】。キャラクターはもちろん違いますが、なんだかバーバーパパを思い出すようなフォルムの大型のぬいぐるみタイプが、その柔らかい体でやさしくハグしてくれるのだとか。

こんなパパやママ、お友だちがいたらいいな…と思っていた人の心と身体を、ふんわりほっこり包み込んでくれそうです。

自分のために買うのはもちろんのこと、プレゼントとしても喜ばれそうですね。

(全長 約110cm / 幅 約60cm / 厚み 約50cm / 腕の長さ 約45cm)

基本のクッションは3タイプ

椅子にソファーにベッドに…オールマイティな

Yogibo max (ヨギボー マックス)


(長さ 約170cm / 幅 約70cm / 厚み 約48cm / 重さ 約8kg)

家族や友だち、恋人と一緒に並んで遊んだりくつろいだり…
この画像からすると、パソコンを置いてテーブルのようにも使えそうですね。

一人でゆったり、二人で仲良く…ソファーにもなる

Yogibo midi (ヨギボー ミディ)

(長さ 約125cm / 幅 約70cm / 厚み 約45cm / 重さ 約5.9kg)

このように、縦に置いてハイバックの背もたれ付きソファーとして使えるところが、特に背が高めの男性にも人気なようです。

一人暮らしのお部屋にピッタリな

Yogibo mini (ヨギボー ミニ)

(長さ 約85cm / 幅 約70cm / 厚み 約45cm / 重さ 約4.2kg)

miniは単品で使うのも良いですが、Yogibo supportと組み合わせて背もたれや肘置き付きのソファにするとすごく快適そうです。

口コミから分かるYogibo(ヨギボー)のいいところ

  • 普通のソファーよりも断然軽くて持ちやすいため、移動して掃除することが簡単
  • おしゃれなカラーリングのカバーが用意されていて、カバーは洗濯可能
  • 補充用のビーズや豊富なオプション品と組み合わせることで、さらにリラックス環境を作り出せる

口コミから分かるYogibo(ヨギボー)の欠点?

  • その埋もれ感ゆえに、夏はちょっと暑いかも…
  • 単品で肘掛け椅子と同等の使用感は見込めない
  • さっと起き上がったり立ち上がったりすることがやや困難

ギフト券でスマートにプレゼントすることも可能

Yogibo(ヨギボー)にはギフト券も用意されているため、プレゼントとして誰かに贈りたいときに、さらっとスマートにギフト券を渡すことも可能です。

実物をいきなり送るのはサイズ的にちょっと…とか、プレゼントは手渡ししたい!という場合には、ギフト券を贈って好きなタイミングでギフトを受け取ってもらえます。

ギフト券は金額別に11種類あり、額面以下の商品であればどれでも一つ選べます。
(公式サイトの注釈によると、一枚のギフト券で複数の商品を組み合わせて購入することはできないようです)

このギフト券で複数の商品を組み合わせて買えるようになったら、ますますギフトとしての人気も高まりそうですが……今後の仕組み変更に期待したいところです。

手渡しギフトにももちろん対応

他にも新商品のナマケモノのネックピローや、動物・恐竜のぬいぐるみなどの小物もとてもかわいらしくて、それらを入れるプレゼントバッグも新しく発売されています。小さなお子様への誕生日やクリスマスのプレゼントにもヨギボーシリーズはピッタリですね。

また、あの大きなMaxやMidi、Miniを丸ごと包めるラッピングキットも販売されているので、大きな包みを抱えてサプライズプレゼントとするのも良さそうですね。(ちなみにYogibo Doubleはラッピング不可とのことです)