フィットネスバイク用のサドルカバーで快適エクササイズ☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
腕を伸ばす女性の画像

こんにちは。Yoshiです。

自転車用のサドルカバーなら、実際に買って使っていたのであることは知っていたのですが・・・フィットネスバイク用のサドルカバーもあったのですね!(^^)

スポンサーリンク

フィットネスバイク用のサドルカバーを発見♪

数年前にインターネットで調べたときには一つもなかったので、ないものだと思い込んでいましたが、今日たまたま?AMAZONで売っているのを発見しました。どうやら2年前ぐらいから売られていたみたいです。

サドルカバーがあると確実に痛みが緩和されるので、その分漕ぎ続ける気にもなれます。

私は最近は自転車漕ぎに慣れてきて、自前の筋肉?でだいぶ痛みを緩和できるようになっているのですが、家人は最近昨日久しぶりにバイクにまたがって30分ほど漕いで、「やっぱり股が痛い~」と嘆いていました。

家人は以前フィットネスバイクに乗ったときも「お尻(というより股)の痛さが絶え難い」と言って結局すぐ止めてしまったので、せっかくやる気になっている今、今度こそ続けられるように、サドルカバーがあるならぜひとも欲しいと思いました。

装飾された自転車画像飾っておくと楽しそうですね♪

とりあえずサドルカバーは『買い』です!

今までだと、フィットネスバイクのサドルは普通の自転車より極端に大きいので自転車用を代用することもできず、かといってサイクリング用インナーパンツを買うのもなんか大層だし高いしな~と思って諦めていたのに、気づけばフィットネス用バイクのサドルカバーも売っている上に、インナーパンツもたくさん種類が出ていて、しかもおしゃれで安いという『驚きの現実』・・・。

家人の場合、サドルカバーよりインナーパンツの方が向いてそうな気がしますが、インナーパンツだとサイズ選びに少し迷ってしまいます。(体型と太り具合が微妙なんです。)

その点サドルカバーなら、家にあるサドルのサイズにもぴったり合うことが分かっているので、安心して買えます。そして、後々インナーパンツと併用することもできるので、「とりあえず先にサドルカバーを買っておけば間違いなし?!」ということで、サドルカバーをまず買うことに。

ついでに心拍計も種類豊富に出揃ってました

ちなみに私は心拍計が欲しいと思っています。今使っているフィットネスバイクは、漕いでいない状態で計測する分にはそこまで問題がなさそうなのですが、漕いでいる時の数値があまり参考にならないようなので・・・。

(フィットネスバイクの示す心拍数の数値が125ぐらいになるまで漕ぐと、実際には175に近いぐらいハードな運動になってしまいます。)

効率よくエクササイズがしたいと思っているので、漕いでいる時の数値をもう少し正確に知りたいのです。

心拍計画像

市販の心拍計には、主に腕につける簡単なタイプと、胸にセンサーをつけるタイプのものがあるのですが、「精度的には胸につけるタイプの方が断然高いに違いない」と思っていたら、案外そうとも言い切れないようで、最近は腕につけるタイプもずいぶん精度が上がっているようです。そしてとてもたくさんの計測器が販売されています。

最近は腕につけるタイプのものを好んで使っている人が多いようで、私も「腕につけるタイプの方が簡単そうだし、そっちにしようかな。」と思っています。

今はスマホのアプリでも心拍数が計れたりするみたいですが、私のスマホだと古すぎてアプリが入れられません(笑)。

今は定期的に自分で脈をとって心拍数を確認したり、フィットネスバイクの液晶画面に表示されるペダルの回転数と残り時間を見たりしながら、なんだかんだで40分の自転車漕ぎは続いています。

そしてすでにちょっと身体が慣れてきたみたいで、きちんと効果が出ていることも実感できるので、楽しくなってきました♪

そのうち【before/after】出来ればイイなと思います(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク