折り畳み電動バイク UPQ BIKE me01!スマホの充電もできる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
me01_1

こんにちは。Yoshiです。

今日は折り畳み式の電動バイク 「 UPQ BIKE me01 」について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

折り畳める原付き?!値段も案外お手頃

先月号のTarzan(2016年7月発行・700号)に載っていた折り畳み式の電動バイク。まだ販売されていない製品とのことだったのですが、ついに先日から予約販売が始まったようです。

折り畳み式の自転車ならずっと前からありましたし、電動バイク(原付)も販売され始めてからもうずいぶんたちますが、「折りたたみ式の電動バイク」で、しかも標準で「公道走行可能の原付」となると、さすがに今まで聞いたことがありませんでしたよね?

以前から「そんなのが早く発売されるようになったらいいな~」と思っていた私は、Tarzanの記事を見てすぐに食い付いてしまいました。

「でも、どうせ高いんだろうな・・・」とあまり期待しないようにしつつ価格をチェックしてみたところ、意外や意外、127,000円でした。

これならちょっと高めの電動自転車とほとんど変わりませんね!!

小型の折り畳み自転車みたいでも、ちゃんと公道走行できる原付

今までにも公道を走れないタイプの電動自転車(自分でミラーや方向指示器・ナンバープレートを取り付ければ原付として乗れるタイプのもの)ならネットでちょくちょく見ていましたが、個人的には「そこまでして乗るほどのものでもないかな・・・」と思うようなものばかりでした。

「だったら免許不要で普通に走れる電動自転車(電動アシスト自転車)でいいじゃない → でも、やっぱり値段とパワー的にやっぱりそれじゃ物足りないな・・・」そんな風に思いつつ、なかなかイイ感じの電動自転車が出てこないので、最近すっかりその存在を忘れていました。

そんな中、たまたま手にした雑誌『Tarzan』に載っていた折り畳み式の電動バイク「UPQ BIKE me01」。

さすがに最初からきちんと「折り畳める原付」として設計されているだけあって、見るからに完成度が高そうです!

UPQ BIKE me01画像引用元:http://upq.me/jp/upq_bike/me01/

9円で約35km移動できる!

重量も約18kgということで、普通の自転車とほとんど変わりません。むしろ、電動アシスト自転車より軽いぐらいです。

3.5時間の充電で約35km走れるそうなので、普段乗りには十分です。充電1回あたりの電気代は約9円なので、電車やバスなどと比較しても、かなり安く移動できることになります。例えば、35kmの移動にJRを利用したとすると、片道35kmなら580円、片道17.5km✕2なら320円✕2=640円です。(普通運賃)

単純に半径17kmぐらいを往復できると考えると、東京駅から東京ディズニーランドまで余裕で行けてしまう事になるみたいですね!

東京から半径17kmの画像

神戸だったら三宮から明石海峡大橋のあたりまで行けそうです。実際には坂があったり道が曲がっていたりするので直線距離で考えてはいけないのですが、直線距離なら北は有馬温泉を超えてフルーツフラワーパークまで半径内に入っています。

大阪/神戸から半径17kmの画像

※はんけい(地図を使って半径を調べるサイト)で調べました。

そう考えるとすごいです。

(繰り返しますが、あくまでも半径内に入っているだけです。実際には道が曲がりくねっていたり、坂があったりするので、そこまで充電池が持ちません)

出先で充電 or ポタリングするならさらに行動範囲が広がる!

UPQ BIKE me01」は約3.5時間でフル充電できるようなので、その時間が出先で確保できるのであれば、行動範囲はさらに広がります。そして、重量・サイズともに小型の電動アシスト自転車並みなので、輪行スタイルでポタリングも可能となりそうです。

となると、行動範囲はさらに広がります。

「これ一台ですべての移動をまかわなくてもよい使い方ができる」というのは、実際のところとても魅力的だと思います。

普通の原付でもあまり長距離乗っていると疲れますし、「UPQ BIKE me01」もその形状的に、長距離乗り続けるには向いていなさそうですが、ちょっとした普段乗りとしてはもちろんのこと、出先での移動に使用することを考えても使い勝手が良さそうです。

これならいざとなったら屋内にも持ち込めますし、盗難やいたずら、紫外線や風雨による劣化などを予防することも容易ですね。

これだけのポテンシャルがあるとなると、あれこれ考えるだけでもワクワクしてきます♪

UPQ BIKE me01 収納画像引用元:http://upq.me/jp/upq_bike/me01/

走行中にスマホの充電もできる!で、その乗り心地はいかに?

さらに「これイイ!」と思ったのが、「走行中にスマホの充電ができるということ。“バイクで移動しながらその間にスマホの充電もできる” のはありがたいですね。

うまく使えば余分にバッテリーを持ち歩く必要もなくなりますし、移動時間も有効活用できます。

車体に搭載されているUSBポートは、もちろん防水仕様です。

さすがにまだ『予約受け付けが始まったばかり』という段階なので口コミなどはまだなく、宣伝としての記事か関係者による試乗の情報くらいしか見当たらないのですが、今日は試乗している動画を見つけたので早速閲覧してみました。

お。二つ目の動画の女の子・・・。乗り方がちょっとやばいですね(笑)。

原付乗車初体験とのことで、乗り始めてフラフラしているのはともかくとして・・・乗る時のまたぎ方にドギマギしたのは私だけでしょうか。

自分が普段スカートなど履かないので気づきませんでしたが、女性は乗るときにちょっと注意が必要ですね。まぁ前からまたごうとせずに後ろから足を回せば、よほどのタイトスカートでもない限り、もう少し際どくなく乗車できるかと思いますが(笑)。

このバイクは普通の原付とは違ってタイヤにスカートを巻き込みやすそうですね。くるぶしまであるような長いスカートを履いているときは、乗らないほうが良さそうです。

8月9日から予約受付が始まっている「UPQ BIKE me01」。9月10日以降順次出荷されているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク