フィットネスバイクとプロテインの相乗効果で身体スッキリ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
自転車のイラスト画像

こんにちは。Yoshiです。

プロテインと自転車漕ぎ(フィットネスバイク漕ぎ)を生活に取り入れるようになって、体がなんだかスッキリしてきました。お肌の状態もなかなかのものです☆

スポンサーリンク

始めるとつい欲張って・・・漕ぎすぎる

昨日こちらのブログでとり上げた『バイコロビクス』によると、私が脂肪燃焼を目的としてフィットネスバイクを漕ぐなら【109拍/分】を目指して漕げば良いようなのですが、気づくとつい【125拍/分】ぐらいを目指して漕いでしまっています。

なぜかというと、一般的によくとり上げられている計算方法だと、私の場合脂肪燃焼に適した心拍数は【107~125拍/分】になるため、心拍数が高いほうがより効きそうな気がして、ついつい欲張ってしまうからです。

また、バイコロビクスで一つの目安となっているオールマイティな数値が【120拍/分】で、一般的な計算方法から算出したダイエットに適した数値の上限と、持久力アップに適した数値の下限が【125拍/分】であることから、なんとなく

『【120~125拍/分】を目指して漕いでいたら間違いない』

オッケーマーク画像

といった感じで、ザックリ自分なりにインプットしてしまっているようです。

ただ、実際に【120~125拍/分】で走っていると時々少しキツく感じることがあるので、私のような筋金入りの運動不足人間は、素直に下限を目安に運動を始めたほうがよいのだと思いました。

スパルタ方式の運動部出身のため、変なところで無理をしがちな私です。
(30年前近く前の話です。その時の故障が原因で、その後ろくに運動していません。)

そして、あらためて『バイコロビクス』の素晴らしさに感じ入る

『驚異のバイコロビクス』という本は、ページ数は135ページでどちらかというと薄い本なのですが、本当に必要な情報が大変分かりやすくまとめられています。

そして各自の体力や体調などに合わせて運動をする方法や注意点、医学的根拠や適切な自転車の選び方・乗り方、他の健康法との比較等々・・・、1ページたりとも必要のないページがありません。

今は新本としては販売されていないようですが、中古本や一部図書館などで手にすることができるようです。(2016年7月7日現在)



ソイプロテインを飲んだらさらにうれしい効果アリ♪

最近はフィットネスバイクを朝40分ほど漕いだあと、ソイプロテインを飲んでいます。
プロテインを飲むようになって、みるみる肌にしなやかさが出てきました。

ソイプロテインイメージ画像

若い頃にも一時プロテインを飲んでみたことがあったのですが、その時はあまり効果を感じなかったので、今回もさほど期待はしていませんでした。

ところが、飲み始めて数日で「あれ?」と変化を感じました。「気のせいかな?」と思いつつも、続けること10日。明らかに肌がしなやかになり、ウエスト周りがすっきりしてきました。

明らかに、フィットネスバイクによる運動との相乗効果によるものと思われます。

やはり「中高年こそたんぱく質」ですね・・・。

何でもそうですが、結果が見えてくるとやはり楽しくなってきますね☆

今まで何でやらなかったんだろう?と思うぐらい、今は『フィットネスバイクとプロテイン生活』が楽しくて仕方ないです。

道を歩いていても、身体がしっかりしてきたのが分かります。

フィットネスバイクを漕ぎ始めて1ヶ月。まだまだ楽しく続けられそうです☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク